Plan

日本伝統の結婚式がご祝儀+50万円でも

何かとお金が必要になる新婚生活。
結婚式もそのひとつです。
でも、志ら玉なら自己資産50万円で和風結婚式ができます。

和装を着る花嫁と花婿

ご祝儀+50万円で和婚ができる理由

結婚披露宴に出席した招待客から頂くご祝儀。
その平均額は1人3.5万円と言われています。招待客リストの人数から貰えるご祝儀+50万円を計算し、 その合計金額に収まるように結婚式プランを計画します。

結婚式の後にお支払い

結婚式の費用は結婚式の前に支払うのが一般的ですが志ら玉では結婚式の後にお支払い頂けます。
だから、「今」多くのお金が無くても結婚式が挙げられ、結婚式後にご祝儀を使ってお支払い頂けます。

白無垢姿で三三九度をする花嫁

ご祝儀+50万円でも質の高い結婚式

志ら玉でお出しする料理は決して安くありません。
料理の値段を減らせば結婚式費用を減らせることは容易いのは周知の通り。 ですが、料理の値段を落とすことは料理の味も落とすのと同義となります。
だから、料理の値段は最高の懐石料理を召し上がっていただくための金額です。

しかし、料理以外の費用は抑え気味にしてございます。
日本人の伝統的な結婚の儀式「三三九度」もその挙式会場費も追加料金なし。 引き出物やメイク、花嫁衣装などもお値打ち価格のもを取り揃えており、ご祝儀+50万円で結婚式を挙げられる仕組みをご用意しております。

自己資産50万円の結婚式内容

和婚らしい演出

和風結婚式らしい特別な演出もご用意できます。

芸鼓が二人の結婚式を祝福

芸妓による祝舞の披露

老舗料亭にふさわしく着物姿の女性スタッフが特別な一日をお手伝いし、和婚らしく芸妓が祝舞を披露。
三味線の演奏に合わせて優雅に踊り、式をより華やかにします。
ゲストへのサプライズ演出としてもおススメです。
笑顔で料理と会話を楽しむ心安らぐひと時をお過ごしください。

日本のお祝いには欠かせない鏡割り

門出を祝う鏡開き

樽のふたを鏡に見立てて、ふたを割る鏡開き。
古くから行われてきためでたい風習で、ケーキカットの和風版ともいわれています。
新郎新婦お二人の今後の運を開くという意味合いもあり、たいへん盛り上がる演出です。

着物もドレスも両方披露

和婚だけど、ドレスも着たいという花嫁も多いはず。
一生に一度の特別な日だからこそ、やりたいことをすべて叶えて満足のいく結婚式にしましょう。
挙式では白無垢を着て、披露宴ではドレスを着ることでがらりと印象を変えることができます。

神前式 + 志ら玉

神社で花嫁行列の様子

志ら玉より車で15分

白で彩色された近代的なイメージの神社。
他の神社にはない大きな境内で大人数の参列ができます。

神社系内の様子
神社で神前式を挙げる新郎新婦

志ら玉より車で20分

古くから名古屋の地を見守り続ける神社。
桜が美しいことが有名で人気の観光スポットともなっています。

拝殿は冷暖房が完備され、夏の暑い時期、冬の寒い時期も快適に神前式を行う事ができます。

神社での神前式

志ら玉より車で25分

大物主神を祀った神社は縁結びの神社として人気のスポット。
推定450年とされる「縁結びの木」に赤い糸を結び良いご縁をお願いします。

神社の様子
神社で神前式
神社の外観

志ら玉より車で21分

本格的な神前式が行える。
挙式1ヶ月前に挙式を迎える心構えの講話を聴いたり、神社での作法を学びます。
形だけでなく、本格的な神前式をしたい新郎新婦におススメの神社です。

神社で神前式
神社の外観

志ら玉より車で27分

1000年以上の歴史があると言われる神社。
社殿は新しく再建されました。
天井に描かれた絵が有名で、この絵が気に入り挙式を決めた新郎新婦もいらっしゃいました。